2013年12月18日

ソフトウェアラジオ(SDR)を体験してみる Part.2

前回の記事でワンセグチューナーDVB-T+DAB+FMを広帯域受信機として使うためのドライバーをインストールしました。

準備が出来たのでさっそくSDR(Software Defined Radio)用ソフトウェアのHDSDRを使ってPCを広帯域受信機に変身させます。

HDSDR Homepage
http://www.hdsdr.de/
から最新版のHDSDR_install.exeをダウンロードしてインストールします。

この状態ではまだ受信することは出来ません。

次に
https://github.com/josemariaaraujo/ExtIO_RTL
からExtIO_RTL.DLLをダウンロードします。
ページ下部にある
* download ExtIO_RTL.DLL from
と書いてある所のリンクをクリックします。

ExtIO_RTL.DLLをHDSDRをインストールしたディレクトリ(フォルダ)の中にコピー又は移動します。

これでワンセグチューナーDVB-T+DAB+FM用にインストールしたドライバをHDSDRが認識出来るようになりました。

HDSDR.exeを起動して下の画像の赤丸部分、ExtIOボタンの背景が明るい水色になっていれば大丈夫です。

黄色で囲った部分のSTARTボタンをクリックするかPCのファンクションキー[F2]を押すと受信を開始します。

sdr_r820t_09.jpg

●FM放送を受信する

まずはちゃんと受信機として機能しているかどうかをチェックするために、
FM放送を聴いてみます。
電波型式モードの切り替えボタンでFMを選択します。

sdr_r820t_13.jpg

次に目的のFM放送の周波数を設定します。
電波強度が強ければワンセグチューナ付属のアンテナでも受信することができます。

受信周波数を数字で直接指定するには、下の画像の白丸で囲ったTuneと書かれた部分をクリックします。

sdr_r820t_10.jpg

下のようなダイアログが出ます。
82.5MHzを設定したい場合はテンキーで周波数を入れ、
先にQuickTuneを選択してからMHzボタンを押します。

sdr_r820t_11.jpg

以上の操作で82.5MHzを受信しますが、
もしFM放送が受信出来たとしてもHDSDRの初期設定のままではノイズ混じりの歪んだ音しかきこえません。

何故かというと一般の無線通信の受信用に受信帯域幅が狭く設定されているからです。
FM放送を聴くには帯域幅を最大にする必要があります。

左下のメニューのBandwidthボタンを押すと下図のようなウインドウが開くので、
Output 192000を選択します。
右側に見えるFM-BWが192000になるようにスライドバーを一番上に上げます。

sdr_r820t_12.jpg

これでFM放送をクリアに受信することが出来るようになります。

注)帯域幅が狭い通常の無線通信を聴く場合はこのままでは電波が受信出来ても音声が聞こえないので、
Bandwidthボタンで帯域を狭くする必要があります。


●エアバンドの航空無線を聞く

国土交通省のホームページでも航空無線の受信について解説されています。
http://www.mlit.go.jp/koku/koku_fr14_000016.html

そちらにも記述されていますが、
傍受した通信の内容を漏らしたり、窃用することは電波法で禁じられているので注意して下さい。

飛行場の近郊以外でも高空を飛ぶ飛行機からの通信は受信できます。

航空無線の電波型式はAMで行われているので、モードセレクトでAMを選択します。

sdr_r820t_15.jpg

私の環境では交信が聞こえない無信号時には信号強度計は3辺りを指しています。(使用環境によって違います)
ザーというノイズ音がずっと聞こえている状態です。

この無信号時のノイズを消すための仕組みがスケルチ(Squelch)です。

信号強度計の数字の3の少し上辺りを左クリックすると下の画像のように信号強度計の針の色が赤になり音声がミュートされます。
左クリックで0になりスケルチはOFFになります。

設定した数値以上の強度をもつ電波を受信した時にだけ音声が聞こえるようになります。

sdr_r820t_16.jpg

スケルチの設定値はノイズレベルによって変わってくるので、ノイズが消える位置に合わせます。

注)私の場合は信号強度計のキャリブレーション調整で感度を下げているので、無信号時でメーターは3位を指しますが、デフォルト状態ではもっと針が振れた状態になっていると思います。




スポンサードリンク
posted by 手作りのオーディオライフ | ソフトウェアラジオ(SDR) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする