2012年12月23日

USB-DAC ラックスマン LXU-OT2用のケースを作る【図面あり】

STEREO誌2013年1月号付録USB-DAC ラックスマン LXU-OT2は基板むき出しの状態ですので、
やはり日常の使用にはなんらかのケースに入れる必要があります。

もはや当ブログでは恒例行事となった感がありますが、
100円ショップのコレクションケースEL10を使ったLXU-OT2専用ケースの製作記事です。
コレクションケースの透明プラスチック部分はドリルや糸ノコギリ等で加工しようとすると簡単に割れてしまうので、
今回もカッターの刃先をガスコンロの火で熱して穴を切り出しています。
去年もこのケースを加工してLXA-OT1のケースを作っていますので、
詳しい加工法等はそちらも参考にしてみて下さい。

el10_lxu-ot2_01.jpg


↓加工寸法図はこんな感じになります。
LXU-OT2_EL10.png

ヘッドフォン端子部分の穴は接続するヘッドフォンプラグの差し込みに邪魔にならない大きさで開けて下さい。

私は透明ケース部分を塗装しようと思っているので
発光ダイオード(LED)用の丸穴を開けました。
透明のまま使われる方は開ける必要ありません。

基板上にあるLEDを正面方向に向かせたかったので手持ちのLEDと交換しました。

ケース上部の加工が終わったら底部分に基板の取り付け用の穴を開け、
ダイソーで売っていた3×16mmのステンレス製ボルトナットをスペーサー風に使って基板を固定します。

el10_lxu-ot2_02.jpg

↓面白いくらいにピッタリとLXU-OT2の基板がフィットします。
el10_lxu-ot2_03.jpg

やっぱりツマミくらいは交換したいところですね。

el10_lxu-ot2_04.jpg

こうして写真で見ると加工のアラが目立ちます。
いつものように雑な仕上げになっております。
悪い見本としてご覧下さい。

金工ヤスリの目は粗いのでなかなか綺麗には仕上がりません。
平ヤスリにサンドペーパーを巻いて仕上げるのも良いでしょう。

el10_lxu-ot2_05.jpg

今回のケース作りで使用した"コレクションケースEL10"は100円ショップのダイソーとセリアで売っています。
el10_lxa-ot1_01.jpg

以上でステレオ2013年1月号付録 LUXMAN LXU-OT2専用ケース第一形態の完成です。
透明でも悪くはないのですが、次回の記事では透明カバー部分を塗装してみようと思っています。

はたしてそれが改良となるのか改悪となるのか?
現時点では予測不可能です。


★LUXMAN製のヘッドホンアンプ付USB-DAC
LXU-OT2
が付録のSTEREO2013年1月号発売中


stereo (ステレオ) 2013年 1月号 [雑誌]

stereo (ステレオ) 2013年 1月号 [雑誌]
Amazonで詳しく見る




★↓楽天ブックスでも発売中

【送料無料】stereo (ステレオ) 2013年 1月号 [雑誌]



関連タグ:USBオーディオ LXU-OT2

スポンサードリンク

posted by 手作りのオーディオライフ | PCオーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする