2012年08月31日

OlasonicのUSB−DAC付デジタルパワーアンプが届きました

予約していたDigiFi(デジファイ) No.7が届きました。
今号の付録はOlasonic製のUSB−DAC付デジタルパワーアンプです。

DigiFi(デジファイ) No.7

近頃では付録付きのオーディオ雑誌が大人気となっていますが、
今回のDigiFi(デジファイ) No.7もネット書店では予約分完売となっていました。

書店の店頭にはまだ在庫があると思うので、気になっている方はお早めに。

本体の雑誌を見る前に、まずは"付録"を拝見。
一番目立つ大きなパーツは6800μFの電解コンデンサ。
このコンデンサは電源用のパーツかな?
多分、5VのUSBバスパワーを安定供給するための回路に使われているのでしょう。
Olasonic USB DAC付デジタルパワーアンプ 1

ほとんどのパーツが表面実装タイプですね。

Olasonic USB DAC付デジタルパワーアンプ 上面

↓というわけでアンプ基板の裏側で半田がみえているのはこれだけです。
Olasonic デジタルパワーアンプ 裏面

スピーカー端子はStereo誌付録のLXA-OT1よりしっかりしています。
LXA-OT1はそのままでは端子がグラグラしていて丁寧に扱わないといけませんが、
Olasonic製USB−DAC付デジタルパワーアンプは気を遣わずにスピーカーケーブルの取り付けや取り外しができます。

Olasonic デジタルパワーアンプ 背面

外部電源を必要とせずUSBケーブルで接続するだけで
本格的な外部スピーカーを駆動出来るというのは魅力的。
ノートパソコンにもピッタリですね。

DigiFi No.7付録

このままでもUSBケーブルをつなぐだけで使えるのですが、
やっぱりケースに入れてから使いたいところです。

次回記事ではOlasonic製USB−DAC付デジタルパワーアンプ用のケースを製作してみたいと思います。

>>Olasonic製USB−DAC付デジタルパワーアンプ用ケースの製作
スポンサードリンク

posted by 手作りのオーディオライフ | ステレオアンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする