2017年05月07日

ニアフィールド用の小型スピーカーボックスを自作する Part 2

前回の記事に引き続き
コタツトップ用スピーカーを作成しています。

PM-M0841CKにはユニットをバッフル板に固定するためのネジ穴がありません。
ここが唯一このスピーカーユニットの残念なところです。

aitendoで売られているスピーカーグリル [GRL3BK]を使えば固定出来そうです。
しかしユニットが399円(税別)なのにグリルが350円(税別)という価格に
ちょっと納得出来ず(笑)に今回は使っておりません。

直径69mmの穴をあけると
PM-M0841CKは下の写真のような具合で納まります。
今回はエンクロージャー全体の塗装後に一か八か接着剤で固定する予定です。

mini_speaker_06.jpg

バッフル裏側を見ると↓こんな感じです。
mini_speaker_07.jpg

スピーカーボックスの組立手順ですが、
私の場合は以下のように
ダイソーの10cm×10cm MDFボード3枚をコの字型に接着してから組み始めました。
この写真の場合、高さが112mm、幅が100mmになるように組んであります。

mini_speaker_08.jpg

その後、バスレフスリット用の88mm×84mmにカットしたMDFを接着しています。
下の写真の場合は88mmが手前(スピーカー前面側)になります。
バスレフ開口部の高さは6mmなので端材のMDFを隙間に挟んで(接着したらダメですよ)作業しています。
同時に左側面のボードも一緒に接着しました。

mini_speaker_09.jpg

ボンドが乾くまでF型クランプ等で固定しておくとがっちりと接着できます。
下の写真はスピーカーの背面側から見たところです。

mini_speaker_10.jpg

背面用のMDFボードは100mm×112mmです。
これで、スピーカーボックスの全体像が見えてきましたね。

mini_speaker_11.jpg

もう少しで完成です。
と言っても、面倒かつ難しい塗装作業が待っています。

では次回の記事に続きます。




スポンサードリンク

posted by 手作りのオーディオライフ | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする