2019年01月26日

2万円以下で買える3Dプリンターキットを作る【Part 1】

以前からずっと興味があった3Dプリンターですが、
最近では価格もこなれてきて2万円を切る組み立てキットが手に入ります。
ちゃんと動作するのか、かなり不安でしたが思い切って購入しました。

GEEETECH 3Dプリンター Prusa I3 Pro Wという機種です。
販売台数が多いのはアクリルフレームのPrusa I3 Pro Bですが、
あえて木製(合板)フレームのPro Wを購入してみました。
↓Amazonで詳しく見る
GEEETECH 3Dプリンター Prusa I3 Pro W 木製フレーム 未組み立て 3Dプリンタ DIYキット

先日作成した6J1真空管プリアンプのケースを自作するのが最初の目標です。

3Dプリンター DIYキットの内容


送られてきたキットは部品がぎっしり詰め込まれていてずっしりと重いです。

3d_printer_001.jpg

猫も興味津々です。(笑)
左は部品の梱包チェックシート、
右のは組み立てマニュアルかと思いきや..
3d_printer_002.jpg

パーツリストでした。
写真付きですのでわかりやすいですね。
なぜかマウスパッドが付属しています。

3d_printer_003.jpg

膨大な部品数ですが、
パーツ番号でビニール袋に分別されているので見つけやすいです。
相変わらず、猫も興味津々です。(笑)
3d_printer_004.jpg

これがキットの全貌です。
箱は2段になっています。
3d_printer_005.jpg

白い基板は制御用のコンピューター。
Arduinoベースみたいですね。
3d_printer_006.jpg

ステッピングモーターは
X軸移動用に1個、Y軸に1個、Z軸に2個使用されます。
3d_printer_007.jpg

出力ヘッド部分です。
このノズルの先から溶けたフィラメントが細い糸状になって押し出されてきます。
3d_printer_008.jpg

スイッチング電源です。
ボディ横にこのままむき出しで取り付けます。
一応端子部分にはプラスチックのカバーが付きますが、
100V給電部を触らないように要注意ですね。
3d_printer_009.jpg

この3Dプリンターの組み立て説明書はWEBでダウンロードするようになっています。
全て英語で書かれていいますが、写真を多用してあるのでなんとかなると思います。
https://drive.google.com/file/d/1YhktQa6_1ORW4rsY5eyQafM9RvSgfG9u/view

では次回の記事に続きます。


3d_printer_001.jpg
関連タグ:GEEETECH Prusa I3 Pro

スポンサードリンク
posted by 手作りのオーディオライフ | 3Dプリンター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする